村田修一さん「あの時もし横浜に残る選択をしていたなら2000安打まで面倒を見てくれいたのかも」

上へ